家賃が払えないとどうなる?


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

家賃の支払いができないとどうなってしまうのでしょうか。家賃が支払えないことはなるべく避けたいことです。このページでは家賃が払えなくなったときの不動産屋さんの対応について説明します。

電話まず家賃を支払わなかった場合にはどのような出来事が起こるのでしょうか。家賃が未払いの状況になると不動産屋からの電話がはじまります。実際にいつ支払いをしてくれるのかの説明をしてもらうための電話です。この電話に出ることができた場合には実際に自分の口から家賃を支払うことのできない事情や、いつまでなら家賃を支払うことができるなどの説明ができます。

自分の口から説明せずに放置するとどうなるのでしょうか。実際に放置すると訴訟の準備がはじまり、実際に明け渡しを求める訴訟がはじまります。弁護士が出てきて支払いの催促がはじまります。これをさらに放置してしまうと強制的に出ていかなければいけません。そうなると住所がなくなってしまい、今後立ち直ることが非常に難しくなります。このようなことから家賃を支払わずに放置をしておくことは絶対にしてはいけません。また家賃が支払えない事情がある場合や家賃の支払いが遅れる場合には、早い段階から相談することが大切になります。実際に家賃が支払えない場合には早い段階で相談して、家賃の安いところに引っ越すなど早めに手を打ちましょう。

 

お金を借りて家賃を払おう

家賃の支払いがピンチの時にはどのように対応するべきでしょうか。家賃の支払いが出来ないと、管理会社や不動産会社から電話が来ます。それを無視すると最終的には強制的に出ていかなければいけなくなるので絶対に無視をしてはいけません。今月は家賃の支払いがピンチだというときには早めに管理会社や不動産会社に相談するのはもちろんですが、できることならいつもの支払日までにお金を用意したいものです。

ネット
出典元 (お申込み方法|なんどでも1週間無利息キャッシングの消費者金融【ノーローン】公式ホームページ

急にお金が必要になった時にどのように行動するべきでしょうか。選択肢としては大きく分けて二つあります。ひとつは家族や友人からお金を借りることです。しかし友人間や家族間でのお金の貸し借りは自分の信用を落としてしまうことや、トラブルのもとになるのでなるべく避けたいところです。

そのためには消費者金融の利用をお勧めします。実際に働いていて安定した収入がある場合には消費者金融の審査で落ちることはないでしょう。また申し込みもインターネットからすぐに行うことができ、非常に簡単です。このようなことから家賃が支払えないピンチのときには消費者金融を利用しましょう。利用するのは計画的に行わなければいけませんが、家賃が支払えなくてトラブルを色々な人に迷惑をかけてしまうことを考えれば消費者金融を利用したほうが安く収まるでしょう。